「専門家コラム」カテゴリーアーカイブ

虹を眺める心のゆとりはありますか?

こんにちは。

東京はここ最近ずっと雨模様が続いていますね。

 

IMG_5342_

そんな中、昨日の夕方、一瞬の晴れ間に虹が架かりました。しかも二重です。こんな虹に巡り合えたのも久しぶりだったので記念に撮影してしまいました^ ^

思えば、一昔前の自分は、会社で目の前の仕事をやりきることしか頭になく、仕事中は心の余裕がほとんどない人でした。仕事中に虹が出たからわざわざ写真を撮りに行くなんてほとんどやってきませんでした。仕事中に仕事以外のことをすることが良いことでは無いと勝手に思っていたのですね。

でもある時期から、そうじゃないって思うようになったんですね。

そう思うようになった経緯は複数の理由が絡んでいると思いますが、会社から評価されたいというのを捨てたからだと思います。「仕事だけしている」が「良い評価」に必ずなる訳でもなく、そもそも会社に評価されることを気にしていたら自分の本当にやりたいことをやれませんし、それを見つけられません。

自分の本当にやりたいことってなんでしょう?そんな事を考えることはありますか?

私はある起業塾に参加することで自分のやりたいことを見つけることができました。それが、「あそべる小川」を増やす活動をしたいというビジョンです。

こう考えるようになってからは、今の仕事に対する余裕が生まれました。自然を見る目はだいぶ変わってきました。

他人を気にするのではなく、いかに自分らしく生きるか。この事を突き詰めれば心にゆとりが出るんではないかと思うのです。

そして、ゆとりが出たらぜひ、自然に、特に川に目を向けて欲しいなと思う今日この頃です。

 

石神井川沿いの散歩~その2~

こんにちは。

前回の石神井川沿いの散歩についての続きです。

早稲田大学の東伏見グランドの対岸には、標高差3m程度の崖があります。崖の上は、武蔵野台地で、崖の下は、武蔵野台地を石神井川が削り取ってできた低地です。

周辺の地形を見てみると、武蔵野台地と低地の関係は緩やかな傾斜でつながっているところが多いのでちょっと興味深い地形ですね。

 

IMG_4806

で、その崖の上へ行く急な階段を登ると、下野谷遺跡公園があります。

この公園の下にはなんと、旧石器時代の石器製作跡や近代の中島飛行機製作所関連施設跡といった遺跡が保存されているそうです。

 

IMG_4810

縄文時代中期には、住居が広場を囲んで輪の形に並ぶムラ(環状集落)が複数あったと考えられているそうです。公園の解説看板の絵を見ると、崖下に豊富な水が流れている様子が描かれています。想像図ということで根拠は定かではありませんが、石神井川にはかつて一定の水量があったのでしょうね^^

人が暮らしていくには水は必須ですから、川の近くに住もうと考えるのは当然でしょう。そして川から魚や貝などの水産資源を得て生活を営んでいたのでしょう。

武蔵野台地と遺跡

実際に、武蔵野台地の辺縁と、その中に入り込んだ谷筋に沿って、縄文時代や弥生時代の遺跡が存在していることが分かってきているようです。(上写真の●が遺跡です)

今も昔も、川と人の生活は密接に関わっているというとなんですね。

 

 

 

 

 

石神井川沿いの散歩~その1~

こんばんは。

私事ですが、自宅から会社まで自転車通勤をしており、毎朝、石神井川に架かる文化大橋を通っております。

IMG_4788

西武線の田無駅の近くなんですが、この付近はほとんど水が枯れていて、雨が降るときだけ水が流れています。

この日も、前日の雨によって水が流れていますが、この水は、周辺に降った雨が雨水管を通って集められた水なんですね。なので雨が止んで次の日にはまた川底が顔をだします。

今日は、少し前(5月)に会社帰り散歩した石神井川について書きたいと思います。

 

 

 

IMG_4790

まずは、東伏見稲荷付近です。上流部は水がありませんが、この付近は水が確認できました。コイが泳ぐ姿があり、水が定常的にあることが推測されます。

 

IMG_4794

IMG_4798

さらに下流へ行くと、早稲田大学の東伏見グランド前に、石神井川のそばまで降りられる水辺がありました。比較的最近作られた水辺なのでしょうが、この日は雑草がぼーぼーで、せっかくの水辺なのに誰も遊んでいる人はいませんでした。正直もったいないですね~。

 

IMG_4797

川岸へ近づいてみると、水は川底がはっきり見え、透き通っていました。以前、身近な川の全国一斉調査の時に、石神井川の水はBODの値が高めだったのでちょっと意外でした。水深は20cm程でした。

IMG_4796

帰化雑草のメリケンカヤツリグサがたくさん生えていました。アメリカから日本に戦後侵入し、最近は急速に分布を拡大しているそうです。

 

 

 

 

IMG_4805

橋の下の雨水管から川へジャージャー流れる箇所を発見!

恐らく、この付近の水の流量を支えていると思われます。

雨水管は東伏見グランド方面から流れているようですがなんの水なんでしょうか不思議です。

 

 

 

IMG_4813

橋の下の流水のおかげで、橋の下流の景色は、少しいい感じなのですが、少しドブの匂いが漂っていました。

橋の下の流水は、いったいなんなんだ?もしかして汚水が結構混じってるんじゃないか?

そんな疑念が次々と湧いてきました。

多自然川つくりを取り入れて工事されていると推測されますが、子供たちが水辺に入ってあそべるような小川になったら良いなと思いました。

次回、「石神井川沿いの散歩~その2~」をお届けします!

 

入れ食い?釣りが面白い前川

こんばんは。

ここ数日涼しくてホント過ごしやすいですね。

前回に続き、お盆休みに行った川、前川です。

IMG_5274

前川は東村山市を流れる荒川水系北川の支流です。柳瀬川のとつながってます。

以前あめんぼカメラで撮影したときに、お魚がたくさんいる小川だなと気にしていましたが、ようやく釣りにきてみました。

前川のあめんぼカメラ映像はこちらです。

で、水深30cmもない前川ですが、川岸からオイカワがたくさん泳いでいるのが確認できました。

そして、川岸から水の中に落っこちたミミズがいましたが、魚たちがご馳走が来たぞ~とばかりに群がっているのが見えました。

おっ、ミミズだ!と思い、ミミズを小さく切って釣り糸を垂らしました。

エサを入れるとすぐに魚たちが群がってきました。ツンツンと引きがきます。まずはタモロコが1匹釣れました。

そして次はヨシノボリも。まさに入れ食いでした!

ところで、ミミズって水中で生きられると思いますか?

答えは生きられるんですね。ミミズって皮膚で呼吸しているらしく、皮膚から水中の酸素を取り込んで呼吸ができるようです。


たまたま撮影した、ミミズが水中を移動する映像です。

 


最後に、少し深みのある場所の水中映像です。大きめの岩陰に行ったり来たりする小魚たちがかわいいです。タモロコ、ヨシノボリかな。

この付近、大雨の時には川の水があふれることがあるようですが、今後河川改修によって、お魚たちが棲めなくなる環境になってしまわないことを祈ります。

 

親子で観察~雨が止むと取り残される空堀川~

こんばんは。

コラムをしばらくサボっている間に、なんかすっかり涼しくなっちゃいましたね。

IMG_5279

さて、お盆休みの最中に行った空堀川です。空堀川は流水がほとんどなく川底が露出してしまう「瀬切れ」が発生することがあり、この日も瀬切れしていました。

IMG_5278

IMG_5280

なので、瀬切れした川へ降りて上流へ少し歩いてみると、なんと、水たまりにお魚がたくさんいるではないですか!

IMG_5282

IMG_5285

水深10cmもない水たまりの中に行き場を失ったオイカワやドジョウなどが所狭しと泳いでいました。私の足音が近づいてくると、あわてて飛び跳ねる光景もありました。

恐らく、前日に降った雨で川に流れが発生し、雨が止んだ後にまた、瀬切れを起こし、小さい水たまりに魚が取り残されてしまったのだと思います。

雨がこのまま降らなければ、野鳥の餌食になったり、水が干上がって生きて行けなくなったでしょう。私が訪れた時にも既に野鳥が数匹いました。

あたりまえの話かもしれませんが、自然って厳しいですね^^

雨が止んだ次の日の空堀川では、親子でこんな自然観察ができるかもしれません。

 

夏休み 子供と川遊びに最適!北秋川

こんにちは。

夏休みのシーズンですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

私も今夏休み中です。8/8と8/9で東京都檜原村を流れる北秋川でママ友家族とキャンプでした。子どもたちは、渓谷を流れる冷たく綺麗な水で大はしゃぎ、楽しいひと時でした。

IMG_5247

 

IMG_5248

さて、普段は、小川の情報を発信しておりますが、渓谷の川の水はやっぱり綺麗でいいですね^^この水の綺麗さが下流まで続いて欲しいです。

そんな北秋川の水中映像をお届けします。

お魚が優雅に泳ぐ姿がとっても和みますよ。ヤマメの姿もはっきりと映りました~

釣りをする場合は、その場で餌をゲットするのがオススメです。

早瀬にある石をめくると、カゲロウの幼虫がワサワサいますんで、そいつをとって餌にすると、結構釣れてました^ ^
それでは良い休日を!

 

小川な感じがGOOD~週末におでかけ~静岡県清水市の用水路

こんばんは。

前回は静岡県清水市の柿田川についてお伝えしましたが、周辺の用水路も小川な雰囲気をだしていてとってもよかったですよ。

IMG_5208

用水路というと3面コンクリートをイメージしてしまう今日この頃ですがここは一部を除き素掘りのものです。

東京ではなかなか見られない光景ですよね。

IMG_5210

柿田川の水の透視度からすると透視度は、そんなよくないですが、水面を覗くと小魚が泳ぐ姿や、また水草(マツモ?)が流れになびいている状態が確認でき、小川としておすすめな場所です。

そんな小川の映像をお楽しみください。

見たことのないこの水の透明度~柿田川~

おはようございます。

暑い日が続いておりますね^^

先日は静岡県駿東郡清水町を流れる柿田川に行ってきました。

CIMG1697

まずは柿田川公園内の第一展望から見える最上流と思える湧水地点です。写真の右側にある崖の上には国道1号線が通っています。(このギャップがスゴ過ぎます。)

湧水のしくみは、次のように説明されていました。

約8500年前の富士山の噴火で発生した溶岩がこの柿田川の上流まで来たそうです。この溶岩(三島溶岩と呼ばれる)は水を通し易く、その溶岩の下の地層が水を通しにくいことから、富士山周辺に降った雨や雪が三島溶岩の間を地下水として流れ、この付近で湧水となって出てくるそうです。湧水として出てくるまでは、26~28年と推定されているそうです。(国土交通省のトリチウム濃度分析による)

CIMG1694

この湧水群から湧き出る湧水量は1日約120万トンと言われています。なので水源付近からいきなり川幅も広く、小川と呼ぶには規模が大きいです。

 

CIMG1680

柿田川公園第二展望から見られるこの写真ですが、昔、紡績工場が井戸として利用したものだそうです。井戸の中の水だけが青く見えますね。なぜでしょうかね?海の色が青く見える現象と一緒で、水の分子が太陽光の赤色の光を吸収するため、井戸部分だけが深いので、井戸の底で反射した光は赤色が弱まって、水色に見えるんですね。井戸の周りは浅いので赤色の光が弱まってないので透明のままということかと思います。

さて、この柿田川ですが、多くの部分が周辺の環境保全のため、川へは近づけず、遊歩道から眺める場所がほとんどです。

公園内のお土産屋の店主の話によると昔は川に近づけたそうなんですが、残念です。

 

CIMG1700

とは言え、子供が水遊びできる親水広場は、柿田川公園内にはありますので、親子で水の冷たさを手軽に感じるにはぜひここへ!

最後ですが、柿田橋付近に柿田川の川岸へ降りられる階段があり、柿田川の水中映像を撮影してみました。

やっぱり見たことのない透明度でしたよ。

あめんぼの目線で小川をみてみよう!あめんぼカメラ制作の道のり~その5

おはようございます。

第5回目を迎えます、「あめんぼカメラ制作の道のり」ですが、いよいよ最終回は、小川での試験走行についてです。

試験走行の場所として選んだのはかねてから決めていた、東京都東久留米を流れる黒目川です。

黒目川は小平霊園内の「さいかち窪」が起点となっていて、湧水を集め新河岸川へ合流します。

2015年5月吉日、ANOTHER PRODUCTの関口氏とともに黒目川にきました。

黒目川の川岸近くに行くと、水が綺麗なので小魚が泳ぐ姿がたくさん見られます。

黒目川試験走行前

いざ、出陣です。

IMG_4698

沈むことなく、ちゃんと浮かび、そして前進や左右へのターンもできました。

まずは大成功です!関口氏に感謝します。

で、そのあめんぼカメラ映像はこちらになります。

水中のコイやアブラハヤが泳ぐようす撮れてとっても満足です。人がカメラを持って川に入り水中を撮る場合は、お魚は逃げてしまうので、このような映像はきっと撮れないでしょう。ここにあめんぼカメラの意味があると信じています^^

一方で、試験走行で問題点も見えてきました。やっぱり、物事はやってみて初めて見えてくるものですね。

  • 後進がうまくできない。
  • 全速力で前進すると、水中カメラの抵抗で船の舳先が沈み込んでしまう。
  • 水草やゴミがプロペラに絡まるとプロペラが回らなくなってしまう。
  • ラジコンのコントロールがうまく効かないときがある。
  • 水中カメラのケースに乾燥剤を入れないと結露する。
  • 水漏れが少しあった。

試験走行ができたからこそ、たくさんの課題が発見できました。今後はこの課題を解決すべく、改善バージョンの開発に取り組んでいきたいと思います。

さて、今回でひとまず最後となります「あめんぼカメラ制作の道のり」ですが、改善をしていく中で、またレポートをしたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あめんぼの目線で小川をみてみよう!あめんぼカメラ制作の道のり~その4

おはようございます。

第4回目を迎えます、「あめんぼカメラ制作の道のり」ですがラジコンの部品を納める箱(ユニットボックス)の設計、製作、組み立てについてです。

この設計にご協力頂いたのが同じ起業塾でお世話になっている

ANOTHER PRODUCTの関口氏です。

関口氏は「組織の中で押しとどめてきたものづくりの価値観を開放し、あなただけのワクワクものづくりをサポート」してくれる専門家です。

IMG_4174

何を作りたいかの打ち合わせを最初にしたときに、話をしながら手書きで絵をどんどん描いてくれるんですね。だからイメージの共有がやりやすく、良い意見交換ができました。

all_assy

大きな方針としては、ラジコン部品を納めるユニットボックスと浮力を得るための、また、水上・水中カメラを固定するための木造フレームの2つの構成としました。

木造フレーム部分は、板をホームセンターで購入し手作りとしましたが、ユニットボックスは水が漏れないようにするため、板金か3Dプリンタで作ろうとなり、CADソフトで図面を書いてもらい見積もりを取ってもらいました。

見積もり結果ですが、板金の方は1品ものということで、

ユニットボックス:24,500円
カバー:14,000円

3Dプリンターの方も、材料により変わりますが、まだまだ一般向けに浸透していないので材料がお高いということで、

ユニットボックス:ナイロン製=10,351円/ABS製=21,552円
カバー:ナイロン製=6,968円/ABS製=13,550円
※ABSは防水性あり。

って、結構な値段でした。

3Dプリンターで作って、もし箸にも棒にもならなかったらと考えるとまずは、ラジコン化してちゃんと動くことを試すのが先かと思い、ユニットボックスを木製の板で作ることにしました。

IMG_4619

木製で簡単に作るアイディアとして、板を切って組み立てる方法を関口氏が考案してくれました。なんとCADソフトで切り方の図面を作ると、レーザーカッターでとっても綺麗にカットができてしまうんです。レーザーカッターが時間貸しで使用できる場所があるそうです。世の中ほんと便利です。

IMG_4622

そしてこれを組み立てるとこんな感じになります。

これに、水がもれないように、内側から接合部に木工パテをたっぷり塗って、外側はニスを5回くらい厚塗りしました。乾いては塗りを繰り返すのでこれが結構時間かかりました。

IMG_4686

ラジコン部品も組み込んで、木製フレームと合わせれば、完成です。

さあ、次回は小川に行って試験走行ですよ~