タグ別アーカイブ: 水路

なぜオランダに水路(小川)が多いのか?

先日一週間、オランダに出張に行って来ました。2015年の夏に初めて行ってからこれで4回目である。

IMG_9945初めて訪れた時からずっと思っていたことが、「なぜオランダには水路(小川)が多いのか?」という疑問である。これまで、何度かこの疑問に対してネットで調べたことはあったが、満足のいく回答には出会えていない。

そこで今回、オランダ人の仕事仲間にこの疑問をぶつけてみた。するとが、とても的を射た回答をしてくれた。

「オランダの湿った土壌から水分を切り離して、乾いた土地を得るため」とのことであった。

オランダは、昔から湿地が広がっていて、土壌に水分を多く含んでいるそうだ。

水分を多く含む土地に溝を掘ることで、土壌の水分が溝の方へ溜まり、土壌の水分を減らし、土地は乾きやすくなるというのだ。

これは例えば、海岸の水打ち際で砂遊びをした時に経験しているかもしれない。湿った砂に穴を掘ると水が溜まってくる経験をしたことはないだろうか。

IMG_5103家の周りや農場、牧場に水路が多いのは、土地を乾かすため人工的に溝を掘ったからということだ。

私の3年越しの疑問がようやく晴れた瞬間であった。

あと、ここで使用した「水路」について少し説明を補足しておく必要がある。

水路というと

人工的に造られた水を流すための構造物(wikipediaによる)

とある。よって、水路は水をある所から別の所へ移す側面をもっている。

先に述べた土壌を乾かすために掘った溝は、必ずしも水の流れはない。水をある所から別の所へ移す側面を持っていないため水路と呼ぶには少し語弊があるかもしれない。

しかし、水車の近くを小川が流れる風景がオランダを代表する風景の一つであるように、ある瞬間の風景を切り取った場合には、水の流れなどは気にせずに、人は細長い溝にある水を、小川とか水路といったように捉えるようだ。

なので、ここでは、水路とか小川って呼ばせて頂く。

その水路の横断はどのタイプ?

人工物である水路(時として小川と呼ばれるものもある)は、水をある場所へ運ぶために、時として川など水路にとっての障害物を超えないといけない時がある。

そこで、水路が障害物を超えるいくつかタイプを紹介したいと思う。

水道橋(すいどうきょう)

まずは障害物の上を通るタイプだ。

水道橋は、川や谷を超えて水を運ぶための橋である。

JR水道橋(すいどうばし)駅は、江戸へ飲料水を供給するための神田上水が、神田川を超えるために作られた水道橋があったことに由来する。

また、同じく江戸へ飲用水を供給するために作られた玉川上水の分水においても水道橋が見られる。

田無用水2

小平市には玉川上水の分水である田無用水と鈴木用水が交差する場所がある。田無用水の上を鈴木用水が通過する水道橋になっていて、石樋(せきひ)には「昭和五年十月成」の文字が刻まれている。

伏越(ふせこし)

次に障害物の下をくぐるタイプだ。

伏越は、わかりやすく言うと、川などの下をくぐって水を運ぶための構造物である。

IMG_9190 - コピー先日、埼玉県上尾市瓦葺にある伏越を訪れた。この伏越は、見沼代用水が綾瀬川の下をくぐる構造物である。

かつては、伏越タイプではなく、木製の水道橋タイプ(掛樋(かけとい)と呼ばれていた)であったが、昭和43年にコンクリート製の伏越になったそうだ。

ちなみに、見沼代用水は、利根川の水を引いて埼玉県にある見沼たんぼへ農業用水を供給する水路だ。

そして、伏越には、逆サイフォンの原理が利用されている。

写真は、綾瀬川が左から右へ流れており、見沼代用水は、奥から手前へ流れている。写真奥の綾瀬川左岸から綾瀬川の下をくぐり、再び綾瀬川右岸に用水の水が運ばれている。途中、上向きの水の流れがあるというのが何とも不思議な感じがする。

伏越の仕組みを利用した水道橋

伏越の仕組みと水道橋の合わせ技として、逆サイフォンを利用した水道橋というものも存在する。深い谷を越えるための巨大な水道橋を作るよりコストが抑えられるようだ。

まとめ

水路が障害物を超える3つのタイプを紹介した。

散歩や観光でこのような構造物に出会った場合、どのタイプなのか見極めの参考にしてもらえれば幸いである。

参考

鹿島建設ホームページ

 

田無用水の痕跡を辿る散歩のリポート

2017年6月11日、田無用水の痕跡を辿る散歩ツアーを開催し、3名の方にご参加いただきました。

この散歩ツアーは、江戸時代前期に田無村(現西東京市)に飲み水を供給するために玉川上水から分水してつくられた用水路「田無用水」の痕跡を探しながら、最上流まで歩いていく散歩です。

田無用水は、東京都西東京市、小平市を流れていた全長約5.6kmの用水路でしたが、現在は上流部約1kmまで水が流れていますが、それより下流は水は無く、暗渠(フタがされている)もしくは溝が埋まり、痕跡さえ消えてしまったところもあります。

田無用水はなぜつくられたのか?

これには田無村が誕生した歴史的背景と田無村が位置する地理的背景を理解することが必要になってきます。

こうした歴史的・地理的背景の話をしながら、かつての流路を予想し、歩いていきました。

見どころダイジェスト

  1. 田無に田んぼ?田無用水の水を使って石神井川沿いに田んぼがありました。昭和初期まで稲作が行われてました。
    田無用水1
  2. かつて滝があった場所。青梅街道と所沢街道の分岐点付近には、2m程度の崖があり、滝の痕跡を窺わせます。
    DSC_0518
  3. 田無神社の境内を横切る。田無用水の文字が見られる看板的なものは、ここにしかありません。
    DSC_0535
  4. 田無用水と深い関係のある田無村名主の家    下田家(地図中央)。下田半兵衛さんが田無用水を作るのに尽力されました。田無用水_大正初期_水車2
  5. ここから田柄用水分岐。コンクリのフタが続いていますね。水車もここにあったようです。
    IMG_8325
  6. 雨乞いの儀式in橋場。干ばつになると御嶽山から竹筒いっぱいの水を運び、橋場の田無用水で祈祷して雨乞いの神事が行われました。
  7. 用水の立体交差。ローマの水道橋(?)を彷彿させる石樋です。下を流れるのが田無用水で上を流れるのが鈴木用水。「昭和五年十月成」の文字が刻まれてます。田無用水2
  8. 流末が日々変化、生きている田無用水 2ヶ月前は、流末が200mも上流だったんですよ。穴に吸い込まれ地下へ浸み込んでいました。この地下水は何処からまた湧き出すのでしょうか?
    DSC_0565
  9. 昔の面影を残す小川の風景。この景色を参加者に見て頂けて良かったです。私のオススメな場所です。
    IMG_8610
  10. 田無用水の起点付近。明治初期以降は、この付近で新堀用水から田無用水と関野用水に分岐していたようですが、勝手に侵入できなそうなので、ここまでとしました。
    IMG_8611

参加者の感想

感想1 感想2 感想3

散歩のねらい

田無用水は約270年間、田無村の生活を支えてきた貴重な存在であるにも関わらず、西東京市では現在、わずかな痕跡がひっそりと残っているだけです。

歴史的価値がすごくあるのに、市民はあまり関心が無いようです。市民がもっと関心を持った方が良いのでは?なんなら田無用水を復活できないのか?田無用水を知れば知るほどそんな思いが強くなりました。とにかく西東京市民に田無用水の事をもっと知ってもらいたいなと思いました。

そんな思いでこの散歩ツアーを開催しようと思いました。

そしてなにより思うのが、小平市の上流部で水の流れが見られるように、田無用水は生きているということです。2か月前と比べ、流れの先端が200mも下流に伸びていたのです。植物に例えるなら、葉や茎は失ったが根っこの部分で新たな新芽を出そうと虎視眈々としているように見えました。

だから、いつか出てくる新芽を迎えられるように少なくとも流路を整えてあげることが必要だと思うのです。

だけど西東京市のほとんどの流路は暗渠か溝が埋まった状態です。

田無村に再び清流(小川)が流れたらどんな感じでしょう?

清流に魅せられて人も生き物も集まるのだと思います。

そんな未来はいかがでしょうか?

参考
保谷章象一郎著 田無用水

野火止用水開削の裏事情

野火止(のびどめ)用水をご存知であろうか?

玉川上水の最初の分水で、東京都立川市を起点として、新座市を経由し新河岸川に流れる約24kmの水路である。

小川の雰囲気がとてもいい感じである。

玉川上水開設の総奉行であった松平伊豆守信綱(まつだいらいずのかみのぶつな)がその上水完成の功績により将軍から受けた恩賞が、野火止用水であったそうだ。

不毛の地・野火止を潤すために、信綱が開削を指示し、別名「伊豆殿掘」とも呼ばれ、信綱は川越藩の領民から名君として崇められたそうだ。

そんな名君信綱に対して、、『上水記考』の著者は、彼が実施した次の点を指摘しているところがとても興味深い。

信綱は、玉川上水開削着工以前に、各自に金2両・ 米1俵を支給して55軒の農家を野火止に入植させているという点だ。

つまり、玉川上水完成の恩賞として、野火止用水の分水を受けることを想定し、野火止への入植を、玉川上水の開削に先行させていたという。

不毛の地・野火止で領民が水に困っているというアピールにも利用したのかもしれない。

また、家臣安松金右衛門に、最適な分水口位置の選定と堀筋をの設計を命じ、野火止への分水に事前に備えていたとも指摘している。

分水の許可が下りると、工事は直ちに着工され40日間で約24kmを掘り切ったのだ。

野火止用水を得てから6年後には野火止の村高は535石に変貌したという。

信綱は自らの川越藩の繁栄を目論見、恩賞としての野火止用水ありきで玉川上水を開削したと考察しているところが面白い。

入植のために金品を渡しているところが賄賂と捉えられてもおかしくないが、自藩の繁栄のための戦略と考えると、「知恵伊豆」と呼ばれた切れ者だったことが伺える。

こういった考え方は現代でも応用できる考え方なのかもしれない。

小川からまた1つ役に立つ話が見つけられた。

参考
『上水記考』 恩田政行

ネガティブな懸念を越えて

先日、小平市の用水について古老の語りをまとめた資料を読んだ。
その中に興味深い話が書かれていたので紹介したいと思う。

小平市に古くから住んでいる方の話だ。
自宅は、江戸時代の新田開発によって、街道沿いに作られた短冊状の区割りを持つ家。

各区割りの敷地内には、玉川上水の分水が流れ、農地と家と屋敷林がある。武蔵野を代表する農家の形だ。

街道沿いには欅(ケヤキ)が植えられ、街道は欅のトンネルだったという。

その欅だが、近隣に住宅が増えるに従って、住民からの苦情が来るようになったそうだ。
「落ち葉が飛んでくるので掃除が大変だ」
「枝が折れて落ちてきそうで危ない」
こういう苦情を言われたり、言われるかもしれないということで立派に育った欅を切ってしまうお家もあるそうだ。

どうやらこういった理由から自然が減っていくこともあるようだ。
危険な枝があるならその枝を切ることは必要かと思うが、落ち葉についてはどうなんだろうかと思う。

苦情を言ってくる人は、後からこの地に住み始めた人であって、元々そこにあった欅の落ち葉に対して苦情を言うのはちょっと違う気がする。
こういうクレーマーがいるのは、本当に残念だ。

元々ある自然を大事にし、落ち葉についても配慮した解決策は出せないのだろうかと切に思う。

例えば、焼き芋イベントを開催し、近隣の人を集めても良いだろう。みんなで落ち葉を集め、焚き火をして焼き芋を参加者全員で分け合ったら一石二鳥だ。その時その欅の事や昔話が聴ければ、新しい住民が町のことを知る良い機会になる。

「焚き火なんてしたら、洗濯物が臭くなる」とか新たに懸念を抱く人がきっといるだろう。でも重要なのは、元いた住民と新たに来た住民とのコミュニケーションだと思う。
きっと顔見知りになれば、少しの事は許せるようになるはずだ。

ところで私は西東京市の小川として田無用水が復活して欲しいと願っている。小平市では、分水口から約1km程は水が流れているがその先は水がない。西東京市内については暗渠もしくは埋もれている。
もし昔のように復元しようと提案するとまず先に挙がる懸念が「蚊が増えるからやめてくれ」だ。

確かにそういう問題はあるかもしれないが、清らかな小川が街に潤いを与え、かつ蚊による不快な思いが少ない解決策をみんなで考えれば良いだけの話である。落ち葉が飛んで来るから木を切れとか、蚊が増えるから水を流すなという短絡的な解決策を求めず、我々はもっとよい解決策を見出せるはずである。

参照
『用水路 昔語り 第一集』 こだいら 水と緑の会

田無の小川〜田無用水へ接続する水路の背景を知ると得られる人生のヒント

前回に引き続き、田無にあった小川(水路)のお話しをしたいと思います。

今回は、柳窪用水から田無用水へ接続する水路(黒色)ができた歴史的背景にせまりたいと思います。

明治初期の水不足から生じた水争いと、田無村がその水不足をいかにして克服したか?この困難への対応方法は、現代の私たちにも良いヒントを与えてくれると思います。

上流と下流の水争い

1870(明治3)年、通船事業や東京市中の水量確保のため、玉川上水の分水口が統合されました。

玉川上水の北側にある野火止用水から千川用水まで8つの用水は、それぞれ直接、玉川上水から分水されていたのですが、新たに作られた新井筋(新堀用水)から分水するように1本化されました。
新井筋1

その後、1871(明治4)年に、新井筋の下流の千川用水では、水量が確保できないという問題が生じ、新井筋とは別の用水口となりました。その水積200寸坪(※)は、新井筋を流れて最下流で玉川上水に戻り(帰流)、その下流で千川用水が取水しました。
※水積とは水が流れる断面積で、結果的に水量を意味する。寸坪は1寸四方の面積の単位。1寸坪は約9.1827cm2

しかし、玉川上水の管轄が民部省土木司から東京府へ移ると、1875(明治8)年3月、新井筋への千川用水分200寸坪と帰流分10寸坪が減らされてしまうのです。

これにより水量が減り水争いが勃発します。

対立構造は、最上流の野火止用水側(野火止村他6ヶ村)と下流側(小川村他18ヶ村)です。

下流側の主張
「新井筋の水量が減ったので調査したら、野火止用水口の板敷が1尺下がっているじゃないか。元に戻してくれ。下流の村に水が流れず生活に困る。」

野火止用水側の主張
「1871(明治4)年の分水口統合以降、数回の水量減少に応じてきた。これ以上無理。」

東京府が水量を減らした結果、野火止用水側がこそっと、取り入れ口の板敷を下げて、野火止用水に水が多く流れるようにしたんでしょうか。勝手に板敷を下げたのが事実であれば、明らかにルール違反なので直ぐに元に戻すのが当たり前のような気がしますが、直ぐに解決する問題ではなかったようです。

この問題は東京府が間に入りますが、解決には長い時間がかかります。1889(明治22)年に、新井筋と野火止用水は取水口が同じでもすぐ下流で2つに分離される方式になり、和解に向かいます。

蛇口をひねれば直ぐに水が得られる今の時代には、想像のつかない話ですね。当時の人たちの生活が用水にいかに頼っていたのかがよく伺えます。

東京市街の水不足による減水

田無用水は当初、田無村だけの使用で、分水口は16寸坪から始まりました。やがて、1870年の分水口の統合により16寸坪から56寸坪に増加します。

1871年には、田無用水から分水して、石神井や練馬までの村々へ水を引き水田を作る目的で、長さ約17.5kmの田柄(たがら)用水が開削されます。

地図では田無駅北側から分水されている水路(紫色)が田柄用水です。途中までしか記載していませんが、石神井川と白子川の間の高台を通り、途中からは田柄川を利用して開削されました。

これに合わせて田無用水の分水口も113寸坪5勺へ増加されます。

しかし、1877(明治10)年、東京市街の水不足の解決のため、分水口は113寸坪5勺が56寸坪5合に半減されてしまいます。

また、突然の行政による水量減らしです。

このため田無用水の水不足は他の用水よりひどい状態になったようです。

水不足を克服した妙案

田無村及び田柄用水沿いの村々(田無村他8ヶ村組合)は、その解決のため新井筋上流の各分水の流末に着目します。

当時、大沼田用水、野中用水、柳窪用水の流末は、5か所で、溜まって消えていました。この流末を柳窪用水に合流させて使用したいと考えたのです。(地図では、柳窪用水は黄色。)

しかし、田無村他8ヶ村組合は、この工事費用を捻出するために妙案を考えます。

当時、石神井川の水を利用して水車を回していた、陸軍の板橋火薬製造所(以下、板橋火薬とする)は、石神井川の水量不足で水車が回せない時があり困っていました。

そこで、田無用水の流末を田柄用水経由で石神井川に合流させることで、板橋火薬が使用できる水を増やすメリットを提案し、板橋火薬から工事費の助成を受けるのです。

田無村他8ヶ村組合のやり方が、とっても上手いと感じてしまうのは私だけでしょうか。

自分たちの目的を果たすために、他者のメリットも叶えてあげると自分たちだけで実現した場合のコストより安くできてしまうんですね。

その後、1888(明治21)年に、大沼田用水、野中用水を柳窪用水に合流させ、さらに田無用水に合流させることができました。

これが田無用水へ接続する水路(黒色)になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

田無用水へ接続する水路の背景を知ることで、田無の人たちが、明治初期の水不足をいかに克服したかが理解できたと思います。この困難への対応方法が現代の私たちへの良いヒントになれば幸いです

参考
近代化を支えた多摩川の水 小坂克信
田無用水関係資料

田無の小川~田無に残る水路の痕跡

こんばんは。

私は田無(旧田無市のこと。現在は西東京市となっています。)に移り住んで8年くらいになりますが、かつてこんなに水路があったなんて全く想像もしておりませんでした。調べる程、田無に水路がたくさんあったことがわかってきました。

今回は概略を紹介したいと思います。

田無に敷かれた水路

田無の用水

田無用水

玉川上水から分水して田無村への生活用水として敷かれました。開削時期は、はっきりしていませんが、1700(元禄13)年、±2年に開削されたと推定されているようです。開削されたときは玉川上水の喜平橋の下手から分水していましたが、1870(明治3)年に、玉川上水における通船事業や東京市中の水量確保のため、玉川上水の分水口が統合されて、新堀(しんぼり)用水(新井筋とも呼ぶ)から分水するようになりました。そしてその後水争いが起きるのですが、詳しくは後の記事とします。田無用水については過去の記事を参照ください。

地図では水色で示しています。

田無新田用水

1770(明和7)年、田無新田の開発のために開削されました。できた当時は水料金が無かったそうな。

地図では薄紫で示しています。上流部分は省略していますが、詳細が判明したら追記したいと思います。関野用水から分水していたようです。

柳窪用水の残水利用

1849(嘉永2)年、柳窪用水の残水を田無村の摺鉢窪へ引き入れ畑を田んぼにしたとあります。摺鉢窪の場所が明確ではないのですがひばりヶ丘団地付近だという説があります。

また、1862(文久2)年、同じく柳窪用水の残水を田無村の藤谷窪へ引き入れ畑を田んぼにしたとあります。藤谷窪の場所は西原自然公園だと言われています。(地図では緑色

柳窪用水は、地図では黄色で示しています。上流部分は省略していますが、詳細が判明したら追記したいと思います。野中用水から分水していたようです。

芝久保用水

1871(明治4)年、芝久保2丁目で田無用水から分水し、石神井川に落ちる付近では田用水に利用されました。

地図では紺色で示しています。

田柄(たがら)用水

1871(明治4)年、田無村、上保谷村、関村、上石神井村、下石神井村、田中村、下土支田村、上練馬村、下練馬村の8ヵ村は、新たに田無用水から分水して村々に水が行きわたるようにすれば、水田が50町歩できて税収が見込めると所管の品川県に願い出ました。そしてできたのが田柄用水です。水路の長さは約17.5kmです。

地図では紫色で示しています。下流部分は省略していますが、詳細が判明したら追記したいと思います。

柳窪用水から田無用水へ接続

柳窪用水から田無用水へ接続する水路(黒色)があります。

1888(明治21)年に完成した新しめな水路です。実はこの水路ができた歴史的背景がとても興味深いものがあります。水争いが大きく関係しています。詳しくは次回の記事に譲ります。

まとめ

いかがでしょうか?田無用水ができてから明治の初めまでに、少しずつ用水網が拡大してきました。

田無には小川が無かったと思いがちなのすが、明治時代には用水という小川がたくさんありました。これらの用水であそぶことができたのかは定かではありませんが、良い風景だったに違いないでしょう。

しかし、今では全てが暗渠になっているか、埋め立てられて痕跡すら残っていません。。

個人的にはとても残念で仕方ありませんが、その時の社会の要望に従い創造され、そして破壊されたのでしょうね。

時代に翻弄された小川です。

 

 

 

 

オランダの水路

こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか?

私は、先月4月下旬に1週間ほど、オランダのロッテルダムに出張してきました。

東京の春の陽気とは違い、少し肌寒かったです。

宿泊したホテル周辺を散策すると、いたるところに水辺がありました。

水辺が多いのはオランダの特徴ですね。

いくつかオランダの水辺を写真に収めてきました。

IMG_6163 IMG_6162

張り巡らされた水路の側の小さなかわいいお家です。

IMG_6169

水路だけでなく、池もたくさんあります。水が透明できれいってほどではありませんが。

 

IMG_6149

こちらはマース川のほとりで羊が放牧されていました。(車で移動中に撮影したので画像が不鮮明ですいません。)

川の反対側に牧場があり、川沿いの草地にネットを張って羊が逃げないようにしてありました。

川沿いの草地を上手く利用しているいい例ですね。

1週間、毎朝見かけましたが、ネットの範囲が毎日少しずつ移動しておりました。

食べつくす前にちょっとづつ移動しているみたいですね。

 

IMG_6200

そして、こちらは風車で有名な観光スポット「キンデルダイク」の風車です。(お天気が曇りだったのが残念)

しっかり回っていました。

 

IMG_6195

風車も良いですが、どうしても、水路の方に目が行ってしまいます。

まだ、気温が低いせいか水の中を覗いても魚の姿は確認できませんでしたが、もう少し暖かくなるときっと多くの生き物でにぎわうことでしょう。

 

遊べる疎水ガイド

こんばんは。

本サイトでは、親子であそべる小川の情報を提供しておりますが、農林水産省の疎水名鑑がとても興味深かったのでご紹介します。

疎水とは、潅漑(かんがい)や舟運(しゅううん)のために、新たに土地を切り開いて水路を設け、通水させること、あるいはその水路のことをいいます。

疎水名鑑の定義では、日本の農業を支えてきた用水を対象にしているようです。(飲用水として利用された上水は対象外のようです。)

この疎水ですが、日本全国に張り巡らされていて、総延長はなんと40万kmに及ぶそうです。地球10周分です。人体の毛細血管のように張り巡らされているのです。

川から取水して田んぼを潤した後にまた川に戻す。とてもシンプルなことですが、水の位置エネルギーを利用して高いところから低いところへ水を導いていくことは、高い技術が必要だったと思われますね。

昔ながらの田舎の風景といえば、「田んぼ」と「小川」を思い浮かべる人も多いと思います。私もその一人です。田んぼに春の小川なんて言ったら他に何もいりません!

でも、実は田んぼの側を通る水の流れは、疎水つまり用水がほとんどなんですよね。

でも、日本人は田んぼの側を流れる疎水を「小川」って呼んできたのだと思います。

「春の疎水」でなく「春の小川」と。

改めて「小川」という言葉のイメージの良さを実感させられます。

で、疎水名鑑のサイト内に、遊べる疎水ガイドというのがありました。全国の遊べる疎水を紹介しています。以前私も訪れた「府中用水」も紹介されていました。

私は、その小川版、「あそべる小川ガイド」を作るのが夢ですね^^