田無の小川〜田無用水へ接続する水路の背景を知ると得られる人生のヒント

前回に引き続き、田無にあった小川(水路)のお話しをしたいと思います。

今回は、柳窪用水から田無用水へ接続する水路(黒色)ができた歴史的背景にせまりたいと思います。

明治初期の水不足から生じた水争いと、田無村がその水不足をいかにして克服したか?この困難への対応方法は、現代の私たちにも良いヒントを与えてくれると思います。

上流と下流の水争い

1870(明治3)年、通船事業や東京市中の水量確保のため、玉川上水の分水口が統合されました。

玉川上水の北側にある野火止用水から千川用水まで8つの用水は、それぞれ直接、玉川上水から分水されていたのですが、新たに作られた新井筋(新堀用水)から分水するように1本化されました。
新井筋1

その後、1871(明治4)年に、新井筋の下流の千川用水では、水量が確保できないという問題が生じ、新井筋とは別の用水口となりました。その水積200寸坪(※)は、新井筋を流れて最下流で玉川上水に戻り(帰流)、その下流で千川用水が取水しました。
※水積とは水が流れる断面積で、結果的に水量を意味する。寸坪は1寸四方の面積の単位。1寸坪は約9.1827cm2

しかし、玉川上水の管轄が民部省土木司から東京府へ移ると、1875(明治8)年3月、新井筋への千川用水分200寸坪と帰流分10寸坪が減らされてしまうのです。

これにより水量が減り水争いが勃発します。

対立構造は、最上流の野火止用水側(野火止村他6ヶ村)と下流側(小川村他18ヶ村)です。

下流側の主張
「新井筋の水量が減ったので調査したら、野火止用水口の板敷が1尺下がっているじゃないか。元に戻してくれ。下流の村に水が流れず生活に困る。」

野火止用水側の主張
「1871(明治4)年の分水口統合以降、数回の水量減少に応じてきた。これ以上無理。」

東京府が水量を減らした結果、野火止用水側がこそっと、取り入れ口の板敷を下げて、野火止用水に水が多く流れるようにしたんでしょうか。勝手に板敷を下げたのが事実であれば、明らかにルール違反なので直ぐに元に戻すのが当たり前のような気がしますが、直ぐに解決する問題ではなかったようです。

この問題は東京府が間に入りますが、解決には長い時間がかかります。1889(明治22)年に、新井筋と野火止用水は取水口が同じでもすぐ下流で2つに分離される方式になり、和解に向かいます。

蛇口をひねれば直ぐに水が得られる今の時代には、想像のつかない話ですね。当時の人たちの生活が用水にいかに頼っていたのかがよく伺えます。

東京市街の水不足による減水

田無用水は当初、田無村だけの使用で、分水口は16寸坪から始まりました。やがて、1870年の分水口の統合により16寸坪から56寸坪に増加します。

1871年には、田無用水から分水して、石神井や練馬までの村々へ水を引き水田を作る目的で、長さ約17.5kmの田柄(たがら)用水が開削されます。

地図では田無駅北側から分水されている水路(紫色)が田柄用水です。途中までしか記載していませんが、石神井川と白子川の間の高台を通り、途中からは田柄川を利用して開削されました。

これに合わせて田無用水の分水口も113寸坪5勺へ増加されます。

しかし、1877(明治10)年、東京市街の水不足の解決のため、分水口は113寸坪5勺が56寸坪5合に半減されてしまいます。

また、突然の行政による水量減らしです。

このため田無用水の水不足は他の用水よりひどい状態になったようです。

水不足を克服した妙案

田無村及び田柄用水沿いの村々(田無村他8ヶ村組合)は、その解決のため新井筋上流の各分水の流末に着目します。

当時、大沼田用水、野中用水、柳窪用水の流末は、5か所で、溜まって消えていました。この流末を柳窪用水に合流させて使用したいと考えたのです。(地図では、柳窪用水は黄色。)

しかし、田無村他8ヶ村組合は、この工事費用を捻出するために妙案を考えます。

当時、石神井川の水を利用して水車を回していた、陸軍の板橋火薬製造所(以下、板橋火薬とする)は、石神井川の水量不足で水車が回せない時があり困っていました。

そこで、田無用水の流末を田柄用水経由で石神井川に合流させることで、板橋火薬が使用できる水を増やすメリットを提案し、板橋火薬から工事費の助成を受けるのです。

田無村他8ヶ村組合のやり方が、とっても上手いと感じてしまうのは私だけでしょうか。

自分たちの目的を果たすために、他者のメリットも叶えてあげると自分たちだけで実現した場合のコストより安くできてしまうんですね。

その後、1888(明治21)年に、大沼田用水、野中用水を柳窪用水に合流させ、さらに田無用水に合流させることができました。

これが田無用水へ接続する水路(黒色)になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

田無用水へ接続する水路の背景を知ることで、田無の人たちが、明治初期の水不足をいかに克服したかが理解できたと思います。この困難への対応方法が現代の私たちへの良いヒントになれば幸いです

参考
近代化を支えた多摩川の水 小坂克信
田無用水関係資料

田無の小川~田無に残る水路の痕跡

こんばんは。

私は田無(旧田無市のこと。現在は西東京市となっています。)に移り住んで8年くらいになりますが、かつてこんなに水路があったなんて全く想像もしておりませんでした。調べる程、田無に水路がたくさんあったことがわかってきました。

今回は概略を紹介したいと思います。

田無に敷かれた水路

田無の用水

田無用水

玉川上水から分水して田無村への生活用水として敷かれました。開削時期は、はっきりしていませんが、1700(元禄13)年、±2年に開削されたと推定されているようです。開削されたときは玉川上水の喜平橋の下手から分水していましたが、1870(明治3)年に、玉川上水における通船事業や東京市中の水量確保のため、玉川上水の分水口が統合されて、新堀(しんぼり)用水(新井筋とも呼ぶ)から分水するようになりました。そしてその後水争いが起きるのですが、詳しくは後の記事とします。田無用水については過去の記事を参照ください。

地図では水色で示しています。

田無新田用水

1770(明和7)年、田無新田の開発のために開削されました。できた当時は水料金が無かったそうな。

地図では薄紫で示しています。上流部分は省略していますが、詳細が判明したら追記したいと思います。関野用水から分水していたようです。

柳窪用水の残水利用

1849(嘉永2)年、柳窪用水の残水を田無村の摺鉢窪へ引き入れ畑を田んぼにしたとあります。摺鉢窪の場所が明確ではないのですがひばりヶ丘団地付近だという説があります。

また、1862(文久2)年、同じく柳窪用水の残水を田無村の藤谷窪へ引き入れ畑を田んぼにしたとあります。藤谷窪の場所は西原自然公園だと言われています。(地図では緑色

柳窪用水は、地図では黄色で示しています。上流部分は省略していますが、詳細が判明したら追記したいと思います。野中用水から分水していたようです。

芝久保用水

1871(明治4)年、芝久保2丁目で田無用水から分水し、石神井川に落ちる付近では田用水に利用されました。

地図では紺色で示しています。

田柄(たがら)用水

1871(明治4)年、田無村、上保谷村、関村、上石神井村、下石神井村、田中村、下土支田村、上練馬村、下練馬村の8ヵ村は、新たに田無用水から分水して村々に水が行きわたるようにすれば、水田が50町歩できて税収が見込めると所管の品川県に願い出ました。そしてできたのが田柄用水です。水路の長さは約17.5kmです。

地図では紫色で示しています。下流部分は省略していますが、詳細が判明したら追記したいと思います。

柳窪用水から田無用水へ接続

柳窪用水から田無用水へ接続する水路(黒色)があります。

1888(明治21)年に完成した新しめな水路です。実はこの水路ができた歴史的背景がとても興味深いものがあります。水争いが大きく関係しています。詳しくは次回の記事に譲ります。

まとめ

いかがでしょうか?田無用水ができてから明治の初めまでに、少しずつ用水網が拡大してきました。

田無には小川が無かったと思いがちなのすが、明治時代には用水という小川がたくさんありました。これらの用水であそぶことができたのかは定かではありませんが、良い風景だったに違いないでしょう。

しかし、今では全てが暗渠になっているか、埋め立てられて痕跡すら残っていません。。

個人的にはとても残念で仕方ありませんが、その時の社会の要望に従い創造され、そして破壊されたのでしょうね。

時代に翻弄された小川です。

 

 

 

 

小川の問題に取り組むと身に付くコト

こんばんは。

朝の通勤電車の中で、日能研の「◻︎◯シリーズ」の問題を目にしました。

その中には、干潟についての問題が記載されていました。

干潟についての問題

要約するとこんな感じ。

干潟は、高度経済成長期に干拓によって農地化されてしまった。

Q1:干潟が干拓され易い理由を述べよ。

Q2:干潟を守る上で何が重要か?あなたの考える「干潟の保護」を1行で述べよ。

大人でもなかなか答えに困る問題だなと感じます。

ここで私が言いたいのは、この問いに答えられるかどうかではなく、この問題に込められたメッセージの奥深さです。

問いに込められたメッセージ

原文を引用します。

問題に取り組むことで、子どもたちは、あまりなじみのない干潟というテーマについて、科目の枠を超えて多角的な視点から見つめ直す過程を体験します。また、自分なりの考えを説明することによって、自分の考えだけでなく、他の人の考えにも興味を持つなど、自分とは異なる意見に触れたり、新しい答えをつくり出したりすることにも目が向いていきます。

子どもたちがこの問題に取り組むことは、今後さまざまな未知の課題に出あったときに、課題を「自分ごと」としてとらえて考えるきっかけになることでしょう。

とても共感できる考えでした。

小川の問題について子どもたちが取り組んだ場合でも、全く同じことが言えるのです。

なので、私はぜひ小川に関する次の問いを子どもたちに投げかけてみたいです。

武蔵野台地上の小川は、地域の都市化が進むに従って、大都市特有の水害(都市水害)が多発するようになった。水害から街を守るため、小川の川底は深く掘られ、垂直の護岸がつくられるようになった。

Q1:地域の都市化が進むにしたがって、水害が多発するようになった理由を述べよ。

ぜひ、子どもたちと一緒に考えてみてはいかがでしょうか?きっと「自分ごと」として課題に向き合うチカラが身に付いていくと思います。